株主管理から株主総会運営まで支援します!

株主名義書換
スクイーズアウト(Squeeze-out )、キャッシュ・アウト(Cash- out)
従業員持株制度
株主総会招集通知、議決権参考書類の作成
株主総会運営指導
株主総会進行マニュアルの作成
株主総会議事録等の作成
注)株主総会運営支援は行政書士業務として行っております。

株主構成を考えてみましょう
 会社の経営者は、会社は自分のものであり、経営方針や業績について人からとやかく言われたくないと考えがちではないでしょうか。しかも、会社の株式の大半は社長さんやその家族が所有していることが多いため、どうせ総会を開いても予定どおり決議できることは明らかであり、わざわざ費用をかけて総会を開く意味はないと考えているのかもしれません。
 一方、縁故や友人関係にあるため頼まれて株式を持たされた株主も、義理で出資したものに多くは望まない、会社が潰れなければいいのであって、とりたてて権利を主張するつもりはないということかもしれません。
 しかし、20年後にどのような方々が株主になっているか考えたことがありますか? いつまでも縁故株主ばかりとは限りません。株主が死亡して相続が発生すれば、それまであまり知らなかった人がある日突然株主として現れることになり、株主としての権利を主張し、場合によっては「総会が開かれていない」とクレームをつけるかもしれません。
 ですから、株主を適切に管理したり、株主構成を見直すことも必要です。
・・・株主に相続が発生した場合に相続人から株式を買い取る方法があります
・・・従業員に株式を持たせる場合、退職と同時に強制的に買い取る方法があります
・・・行方不明の株主が所有する株式を買い取る方法があります
・・・少数の株式を所有する株主を強制的に排除する方法があります

中小企業の総会のあり方がある筈です
 株主総会というと上場企業で行われているような総会を思い浮かべがちですが、中小企業は上場企業の総会を見習うべきではないと思います。上場企業の総会は、なるべく短時間に、出席者も少なく、質問もなくシナリオどおりに終わった方がよいと考えているとしか思われません。上場企業の株主の大半も、株価が値上がりすればよく、会社の内容や業績にはあまり興味がないのではないでしょうか。
 しかし、中小企業の総会は、会社と株主がお互いに理解を深め、ともに会社の将来を考える場として法律が用意した絶好の機会と考えるべきだと思います。ですから、中小企業は中小企業なりの、新しいイメージの総会を目指すべきです。
・・・株主総会招集通知を作成します
・・・株主総会の進行シナリオを作成します
・・・株主総会のリハーサルを行います
・・・株主総会運営のお手伝いをします