株式払込金の全額が払い込まれたが、その後払込金の一部が引き出された場合、「全額の払込みがあったことの証明書」(商登47Ⅱ⑤)はどのように作成すればいいか

「全額の払込みがあったことの証明書」で出資全額の履行がされたことがわかればいいので、払込金が引き出され、残高が払込金額に満たない通帳写しの添付がされたとしても、登記申請は受理されるものと考えます。

 

電話053-458-1551又はメールでご相談ください。